賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件の入居申し込みの方法と流れ

賃貸物件探しでは、内見後気にいった物件があったら入居の申し込みをします。申し込みから審査までの流れはどのようなものになるのでしょうか。まずは不動産会社の申込用紙に記入することから始まります。申込書に記入する内容としては生年月日、氏名、住所、電話番号、勤務先の名称や住所などです。また、勤務先に関しては資本金や年商などの会社概要を記入する必要があります。自分の会社のホームページなどで会社概要を確認しながら正確に記入しましょう。勤続年数や年収も記入することが必要です。

連帯保証人の情報も記載します。生年月日、氏名、住所や電話番号の他に勤務先の名称や住所、資本金や年商なども記載しますので事前に保証人になってくれる人に確認しておくとスムーズです。入居者本人と同じように勤続年数や年収も必要になってきます。入居申込書に署名、捺印をしましたら審査に入ります。審査はどのようなものなのでしょうか。不動産会社毎に審査方法は多少違いますが、保証人の意思確認は必要になりますので、不動産会社から保証人に連絡が行くということをあらかじめ伝えておく必要があります。

審査については、不動産会社から会社へ在籍確認をする場合もあります。不動産会社の担当者へどのような審査になるのか良く確認しておきましょう。審査については、最終的には大家さんからの承諾が必要です。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.