賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件の契約の内容について

賃貸物件の契約はどのようなものなのでしょうか。賃貸物件の申し込みをして審査に通ったら、賃貸借の契約をする必要があります。契約には不動産会社を訪問して行うことが一般的です。まず、重要事項説明書、契約書、入居の規約などの説明を受けます。建物に関してや、所有者の情報、更新や退去通知などの重要なことについて説明をしてくれますので分からないところがあれば質問しても構いません。そして納得がいけば署名、捺印をします。保証人にも契約書に署名、捺印してもらう必要がありますので遠方の場合には郵送するか、保証人にも同席してもらいます。

契約の際には住宅の保険の説明もあります。入居中に保険が出る場合やその場合の保障内容について説明を受け、納得したら署名捺印し加入します。契約金については事前に振り込みをするか、現金を持参し支払いをします。入居日が契約日と同じ場合には鍵の引き渡しも行います。鍵の使い方やポストの開け方などを説明してもらいます。また、入居に際しての注意事項や共有部分についての詳細な説明もありますので、重要なことはメモを取りながら聞くと良いです。その時には理解したつもりでも、後から忘れてしまうこともあるからです。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.