賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸建物でうっかり水漏れ

うっかりお風呂のお湯をためていたのを忘れてお湯が溢れてしまったり、洗濯機と蛇口の接続部分が緩んでしなっていて水が漏れていたりすると大変な事になります。それは、賃貸ではさらなる大惨事となり、お風呂は元々が水を使う場所なので加工されていますが、それ以外の場所では床へ染み込んでしまう場合があり、床の素材自体は大丈夫であっても、隙間から水が染み込んでしまい腐食してしまう心配が出てきてしまいます。2階以上にの建物に住んでいるという場合には、下の階へ水漏れしてしまう場合もあり、下の階まで水漏れしてしまうと、下の階の人の持ち物に被害が出てしまうかもしれないのです。

ちょっとした事でも、建物の修理を行わなければならなくなったり、物の弁済が必要になってしまうかもしれません。弁済する金額が大きくなってしまうと支払いが困難になってしまった場合もあるので、そんな場合のために火災保険に加入していると、水漏れの場合でも保障してくれ、賃貸契約の時に加入する火災保険は、水漏れ保障がされる内容になっている事が多いそうです。水漏れは、少しの注意で防げる事が可能かもしれませんが、万が一のためにも契約をする時に火災保険の加入を義務としてしている場合が多いそうです。ついうっかりは注意することでそのリスクを減らすことができますが、まったくのゼロにするということは不可能に近いと思います。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.