賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸ネット情報での媒介契約の記載について

賃貸住宅には媒介契約というものがあります。ネットや賃貸情報誌で情報を集めていると、媒介契約についての項目をときどき見ることがありますが、あれは一体どういうことなのでしょうか。媒介契約というのは、物件のオーナーと不動産会社が結ぶ契約のことです。物件のオーナーは部屋の紹介を不動産会社に任せている場合がほとんどですから、不動産会社と媒介契約というものを結んで、物件の紹介業務を代行してもらっているのです。

情報の収集者は、それを見て何を得心するべきなのでしょうか。媒介契約の形態には主に3種類があります。一般媒介と専任媒介と専属専任媒介です。一般媒介というのは、よりフレキシブルな契約形態で、物件のオーナーは複数の不動産会社と契約を交わすことができます。これに対して専任媒介と専属専任媒介は、複数の不動産会社と契約を締結することはできません。

このことが何を意味しているのかと言うと、一般媒介であれば、いろんな不動産会社のサイトに情報を載せている可能性があるということです。他二つの場合は、情報を載せているのは一社だけです。より人気のある物件というのは、とにかくたくさん情報を紹介することが必要です。ですから一般媒介を選びます。これに対してあまり人気のない物件は、より不動産会社のプッシュが必要で、したがって不動産会社と関係を深めようと専任での契約を締結するのです。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.