賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸借契約書に記載されていること

アパートなどの賃貸住宅を借りる際は、仲介する不動産御者で賃貸借契約を締結します。賃貸借契約書に記載されている内容は、必ず守らなければなりません。入居中、契約違反に該当することが発生した場合は退去を命じられる場合もあります。そのようなことにならないためにも、契約書に記載されている内容はしっかり把握することが重要です。不動産物件の賃貸借契約は、誰もが同じ条件というわけではありません。契約した後にトラブルに発展しないよう、契約の際に分からないことがあれば、その場で聞いて疑問点を解消しておきましょう。

賃貸借契約書には、契約期間や更新に関すること、家賃の支払い方法などが書かれています。また、反社会的勢力の排除についても必ず記載されています。反社会的勢力の排除を目的として平成24年に国土交通省が、この条項を加えた賃貸住宅標準契約書を公表しています。契約時に不動産業者の方から確認があるでしょう。また、禁止事項については細かい部分まで目を通しておきましょう。ペット可の賃貸物件以外では、ペットを飼育することは禁止されています。隠れて飼育した場合は強制退去となる可能性があるので注意が必要です。連絡なしに同居者を増やすことも禁止されてケースが多いでしょう。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.