賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸でペットを飼うのは大変

昔は、ペットは家の庭で飼うのが一般的でした。それが、10年ほど前から室内でペットを飼う家庭が増加してきた影響で、ペット可の賃貸住宅が急増しています。ペットを快適に室内で飼えるように、マンションの公共部分でペットの足が洗えるスペースが完備されたマンションが普通になってきました。

ペットを室内で飼っていると、家族全員が外出してしまったときに、ペットは室内に取り残されてしまいます。冬場は寒さに耐えれるでしょうが、夏場だと、暑さに耐えれなくて、ペットがバテテしまいます。マンションの窓を開けたまま外出するのは、危険なので、できません。なので、外出中でもエアコンを常にONにしておかなければいけません。最新の賃貸マンションに入居しているなら、エアコンも最新の機種が搭載されているので、電気代もそれほど高くありませんが、10年ほど前に建築された賃貸マンションだと、かなり高額の電気代を支払わなければいけません。

ペットは可愛いし、大切な家族の一員です。でも、ペットを室内で飼う前に、ご自宅のエアコンの状態や室内の温度など、ペットが飼える環境かどうか、一度落ち着いて把握して、電気代が跳ね上がるのを覚悟の上で、賃貸マンションでペットを飼わなければいけません。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.