賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

2014年9月の東京23区の賃貸家賃のワンルームで高いのは?

2014年9月のワンルームの東京23区での賃貸の平均家賃というのが、どのようになっているのかということで、調べてみると、港区が一番高い家賃の平均をたたき出しているとこになっていたりします。単身者が住むために使用しているワンルームの平均家賃は、この場所で、約11.9万円となっており、さすがに、現在の新築がたくさんできている影響での家賃の高さがあります。そのことを考慮してみて、千代田区というのは、二番目に高くなっており、10.8万円ほどになっていたりしますが、これには、それらの要素が含まれないにも関わらず、高くなっているのは、事実上の流行りに、左右されないところがあるということで、ここの場所が1番ではないかと予想できます。

そのことから、昔から、単身者のエリートクラスが、住むための住居になっていたり、投機目的での物件が多いところでもあるために、このような家賃になっていたりします。その意味からも、港区が変わってきているのも、再開発が進んできていることもあって、新築のマンションタイプがどんどん増えてきているのが、港区の家賃を引き上げているということになっていたりしています。このように、東京の賃貸で一番家賃が高いところというのは、2014年9月では、港区ということにデータではなっており、家賃の地図が徐々に変わりつつあります。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.