賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件なら11月過ぎがお勧めです

賃貸物件の状況は年間通していつも同じではありません。需要と供給といいますが、やはり4月と10月は需要が増えて供給量が減ります。4月と10月は年度の区切りであるため引越しや転勤が発生するためです。特に3月は社会人にプラスして学生においては学年であったり入学や卒業の区切りでもあるため年間通して一番多い時期となります。需要が多く供給が少なくなればそれだけ賃貸物件を選ぶ側にとっては、悪条件となってしまいがちです。

賃貸物件を探す時にはまず仲介業者をたずねると思います。仲介業者の対応は忙しい時期と暇なときで大きく違います。それは当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、薦めてくる物件であったり手数料であったりと様々です。暇なときは丁寧にかつ本当に良いと思う物権を勧めてくれます。しかし、忙しいときは売れ残りそうなものから紹介するようなことがありえるのでうす。また引越し業者の対応にも同じ事がいえます。暇なときであれば大幅な値下げ交渉にも耳を傾けてくれますが、忙しいときは逆に吊り上げられてしまいます。これらの状況を把握し既にもう決まっているのであれば、10月過ぎて11月辺りから賃貸物件の探索を始めましょう。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.