賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件に女性が一人で住む際の防犯対策

賃貸住宅は集合住宅であるので、外部からだけではなく内部の住民から被害を受ける可能性もあります。女性の一人暮らしであれば出来るだけセキュリティーを充実させた上で、日頃から防犯意識を養って暮らすことが大切です。

賃貸物件は必ずエントランスホールが付いているマンションを選びます。これで外部からの侵入をほぼ防ぐことができます。そして部屋のドアは必ずオートロックにします。オートロックにすることで鍵の閉め忘れを防ぐことが出来ますが、もし侵入を許した時に誰も助けに部屋に入ってこれなくなります。必ず近くに人がいないことを確認して素早くドアを閉めることが大切です。そしてチェーンロックを必ずかけておきます。そうすれば来客時にも防犯したまま対応できます。そして、エントランスホールだけではなく部屋のドアにもカメラ付きのインターフォンをつけることが大切です。部屋の前に誰がいるのかわからないのは非常に危険であるので、必ず付いている物件を選びます。チェーンロックに関しては管理者に相談すれば付けてくれることもあるので、一度相談してみることが大切です。これらの対策が出来れば、後は女性の一人暮らしであることを知られないように対策をします。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.