賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件に住む際に女性の一人暮らしであることを悟られない方法

賃貸物件に女性が一人で住む場合にはセキュリティーの充実した物件を選ぶことが大切です。しかし、いくらセキュリティーが充実していても本人の防犯意識が低ければセキュリティーも意味を成しません。必ず部屋には女性の一人暮らしであることを悟られないように対策を講じることが大切です。

まず、洗濯物は男性の下着などを混ぜて干します。服であれば見分けがつかない場合があるので必ず下着を干します。靴下とセットで干せば大きな効果が見込めます。そして、外からの視界に入るカーテンは必ず男性らしい柄を選びます。明らかに女性が住んでいるとわかるような柄は避けましょう。そして、就寝時には全ての窓を確実に施錠します。いくら上の階層に住んでいたとしても、屋上からロープを使ってベランダに降りられるケースもあるので、どんなに小さな窓でも施錠しておきます。賃貸物件にはポストが設置されており、名前を記載しなければなりませんが、必ずフルネームではなく苗字のみを記載します。名前を記載しなくても荷物は住所が合っていれば届くので何も記載しなくてもいいです。あえて男の名前をフルネームで書いておくことも良い対策になります。こういった対策をした上で防犯意識をしっかり持てば被害に逢うことはありません。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.