賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件の退去時の敷金返還の仕組み

賃貸物件に入居する際には多くの初期費用がかかります。その中で唯一預けておくだけのお金が敷金です。これは入居者が入居中に家賃の滞納をしたり、共有スペースの設備を破損させた場合などに補填されます。つまり、家賃の滞納もせずに何のトラブルもなく部屋を綺麗に使用していれば、退去時にほとんど返還されます。

退去時には原状回復の義務が生じるので、入居者の故意や過失によって修復しなければならなくなった場合は敷金から補填されます。ただし、自然消耗による汚れなどは貸主負担になります。貸主によっては自然消耗に関しても借主に求める場合があるので注意が必要です。では自然消耗を借主が助長させて大きな破損や汚染に繋がった場合はどちらが負担するのかというと、明らかに助長させた場合は借主負担になります。その助長が僅かであった場合は折半になります。例えばカビのケアを怠っていて退去時にそれが発覚した場合は借主負担になります。ハウスクリーニングを行う必要があるかは退去時のチェックで判断されるので、チェック前には出来るだけ部屋を綺麗にして修繕費を求められないようにすることが大切です。カビなどはすぐに除去出来るのでそれだけで敷金が多く返還されます。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.