賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件の築年数の経過による消耗

賃貸物件を予算の範囲内で選ぶ為には新築を選択してしまうと、他の項目を妥協しなければならなくなります。新築は設備も充実しているので非常に家賃が高く、設備を妥協したくてもそういった新築物件が無いことがほとんどです。

物件は築年数の経過と共に価値が下がります。それと同時に家賃も下がりますが、それだけ消耗している部分もあります。10年も経過すれば消耗している箇所が目立ってきます。まず、壁紙が徐々に黒ずんだり変色します。これは管理者に言えば張り替えてもらえる場合があります。重要なのは水回りです。シンクの下から水漏れしていたり、水漏れの水が木を腐らせて破損していたり、その木をシロアリが餌にして軒下に増殖していたりと様々な現象が見られます。得に賃貸一戸建てであれば害虫や害獣の被害は得に見られるので、住む際には水周りと天井裏と軒下をチェックしておくことが大切です。築20年以上も経過すればこれらの現象が更に激しくなるので、業者を呼んで対策をしてもらう必要も出てきます。築年数が経過した物件に住む際にはこういったことを覚悟するということと、出来るだけケアやリフォームをして綺麗になっている物件を選ぶことが大切です。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.