賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件の避けるべき立地条件と物件の品質

賃貸物件を選ぶ際には必ず避けるべき立地条件があります。快適な暮らしを妨害される可能性が一番高いことが騒音です。近所に学生が住んでいて、昼夜問わずに飲み会を開いていて騒音トラブルに発展する場合もあります。近くに大学や専門学校がある場合には、隣人が学生になる可能性が高いので出来るだけ避けることが大切です。

セキュリティーの一貫として大通り沿いの物件を選びたいと考える場合も注意が必要です。大通り沿いということは昼夜問わずにトラックが走っているので、走行音によって眠れない場合があります。賑やかということは夜の場合はデメリットになります。またユニットバスも避けることが大切です。トイレと風呂の掃除を一緒に出来て楽にも感じますが、掃除をしなければ排水口からの臭いの被害に逢います。そしてどんな物件にも共通して避けるべき物件は、築20年以上の物件です。これはリフォームをしていない場合に限ります。リフォームをして綺麗にしている物件は、家賃が安くて綺麗であるので非常にお得です。しかし、リフォームをしていない場合は耐震工事がしていない為に今にも倒壊しそうな物件も存在するので、予算が少なくてもそういった物件は必ず避けることが大切です。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.