賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件は歩いて探す

賃貸物件は一般的には不動産会社に足を運んで、条件を提示して探してもらいます。しかし、実際に歩いて物件を探すことであらゆることがお得になります。物件の入居者募集の広告を出すのと、不動産会社に仲介を依頼するのは別料金になります。

広告料に加えて仲介手数料を支払う場合は料金が高くなるので、広告のみ出している管理者も多く存在します。そういった物件を探すには実際に足を運んで探すしかありませんが、見つけてその物件を契約した場合は、不動産会社に支払う仲介手数料が不要になります。初期費用は敷金と礼金のみになるので、家賃の一ヶ月分も得したことになります。そしてそういった物件は掘り出し物であることも多いので、出来るだけ歩いて探すことが大切です。実際に歩くことで周辺地域の利便性や治安なども確認することができます。近くのスーパーやコンビニの位置も確認出来るので、スムーズに新生活をスタートできます。また、病院などの施設の位置も確認しておけば緊急事態に役立ちます。時間が無い場合は歩いて探すよりも仲介会社を利用する方が早く見つけることが出来ますが、下見は昼夜に分けて別の日に個人的に行くことになるので、結局時間がかかります。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.