賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

賃貸物件の契約時には契約書を隅々まで読む

賃貸物件は一般人によって管理されていることも多く、それぞれ契約書の内容は変えられています。契約期間満了までに引越しをしても、事前申告をしていれば違約金が発生しない物件もあれば、違約金が必ず発生する物件もあります。

共有スペースの設備を破損した場合の料金設定や、家賃滞納時の処分も物件によって違うので、家賃滞納を数ヶ月続けた時点で強制退去が決定するケースもあります。また、敷金や礼金が0円の物件においては鍵の交換費用が利用者負担になる場合もあるので注意が必要です。鍵の交換は基本的には管理者負担であるので、こういった場合は注意が必要です。契約書に記載してあることは法律に触れない限り認められるので、細かな期間の設定や違約金の金額についてはよく読んでおいて、出来るだけそういった無駄な料金を支払わないようにすることが大切です。一番大きな差があるのが、契約期間が満了する前に退去する場合の申告期間です。一般的には一ヶ月前に申告すれば違約金は発生しませんが、希に三ヶ月前までに申告しなければならない場合があります。この際に発生する違約金は家賃三ヶ月分である場合もあるので、大きな無駄な出費を避けるためにもよく確認しておきます。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.