賃貸経営をすることによって

賃貸経営をすることによって

オール電化賃貸物件について

賃貸物件の中にはオール電化をアピールしている物件があり、電気代が安くなるなどのメリットを謳っていますが、そんなオール電化の賃貸物件についてメリットとデメリットを解説いたします。オール電化の物件には戸内で使う調理器具、給湯器具、空調器具等を全て電気エネルギーで統一している住宅のことをいいます。具体的な設備としては床暖房設備や電気給湯機、IHクッキングヒーターなどがあります。近年ではオール電化対応物件の需要が環境に配慮していることをアピールし、急速に件数が増加している傾向にありましたが、大震災の経験で停電時のリスクが顕在化したことで下火になりつつあります。

メリットとしては、オール電化で電力会社と契約することで、電気料金が値引きされ、光熱費が安くなるということが挙げられます。また使い勝手としては、調理器具がIHヒーターを使うため実際に火が出ることがありませんので、火災のリスクが減少し、安全に使えることで利便性が高いです。

デメリットとしては、電気代とガス代の需給関係によってガス代よりも電気代が高くなるとかえって光熱費が高くなることがある点と、停電時に何も電化製品が使えなくなることで、不便を強いられるケースがあることです。このようにオール電化の賃貸物件を検討する際は、オール電化の良い点と悪い点を十分に把握してから物件選びをすることが大切です。

Copyright (C)2017賃貸経営をすることによって.All rights reserved.